ぐるぐると渦巻く螺旋階段を登ったら……


街歩きに宮殿めぐり、教会や美術館見学と、目に映るものすべてが美しくて、音楽鑑賞以外の時間はじっとしていられないウィーン観光。
特に、初めて訪れた際はなおさらです。かくいう私も、毎日2〜3万歩ほど歩き回っていました。

ここ、ゲルストナー(Gerstner)は、そんな旅行者の高揚した気持ちを落ち着かせながらも「ウィーンに来ている」ことを再確認させてくれる、とてもラグジュアリーなカフェです。

歩き疲れ、水を吸った綿のように重い足を2階へ運ぶと、待っているのはビロード調の肌触りのいいソファー。
深く腰を沈めると、ウエイターが素早くメニューを手渡してくれます。

スイートなケーキと、リキュールの効いたオーストリアらしいコーヒーをオーダーしたら、室内の装飾を眺めながらしばらくはぼうっと休憩。

待つことものの10分足らずで、すべてのメニューが揃いました!

サーブされたデザートを素早く記念撮影したら、ケーキを大きく切り分けて、ぱくり。
わぁ、甘くて美味しい……。

鼻に生クリームをつけながら、ほのかにあたたかいコーヒーで口の中の甘みを一度リセットします。

体にじゅうぶんな糖分がまわったら、窓の外の景色を眺める余裕も生まれます。
外に目をやると、目の前にはウィーン国立歌劇場が!

後ろに写っているのが、国立歌劇場です!私がぼーっとしている間、一緒にウィーンを訪れていた抜かりない妹が、ケーキ&ドリンクがきれいな状態のときに写真を撮ってくれていました(笑)。

実は特等席だったことに喜びを噛み締めつつ、再び、甘いケーキを頬張ります……。

ゲルストナー(Gerstner)はどんなお店?


1847年創業のゲルストナーはオーストリア王室御用達の老舗カフェです。
トデスコ宮殿内にお店を構えています。

地上階はテイクアウトのケーキやチョコレート、箱に入ったお菓子を販売しているショップ。
1階(日本でいう2階)には、カフェ&バー、2階には豪華な内装のレストランがあります。
私たちは今回、1階のカフェを利用しました。

「Sachertorte」

ケーキは10種類ほどから選ぶことができます。
店員さんに「オーストリアのケーキはどれ?」と尋ねて、「Sachertorte(=ザッハートルテ)」と「Haustorte」チョイスしました。

このあと、「ウィーンでザッハートルテといえば」の「ホテル・ザッハー」と、「デメル」でもザッハートルテを食べたのですが、ゲルストナーのザッハートルテはその2店舗と比べると、少し甘めのテイスト。

チョコレートケーキに、アプリコットのマーマレードがサンドされています。
ざらりとした甘いチョコレートのコーティングも、ザッハートルテらしい。あぁ、本場だ!

疲れた体と脳に、しっかりお砂糖が行き渡ります……。

「Haustorte」

「Haustorte」はアーモンドのバタークリームとチョコレートクリームに、スライスアーモンドが混ぜ込まれています。トッピングにもたっぷりのチョコレートが。チョコ&ナッツ好きにはたまらない一品です。

一口食べると、ふわふわしたクリームの甘みがじんわり口の中に広がります。


地上階のショップにはシシィの愛したスミレ菓子や、チョコが目白押し


地上階にはテイクアウトのケーキやチョコレートのほか、お土産にもぴったりな商品が所狭しと並べられています。

ゲルストナーは「スミレの砂糖づけ」でも有名です。

スミレの砂糖づけとは、その名の通り、スミレの花びらをアカシアのはちみつと砂糖で固めたもの。ふんわりやさしい花の香りがするお菓子です。

シシィの愛称で知られるオーストリアの皇妃エリザベート(1837~1898年)の好物だったと言われています。

砂糖づけ以外にも、店内にはスミレの花びらが閉じ込められたホワイトチョコレートも!

ショーウィンドウには、たくさんのボンボンショコラやトリュフ。
オーストリアのケーキやチョコは、カラフルなものが多くて可愛いなぁ。

カフェを利用する時間がなくても、ホテルに持ち帰って食べるのも楽しそうです。

アイスクリームが美味しい!


個人的に、ゲルストナーでトライしてほしいのがアイスクリームです。

フルーツ系やヘーゼルナッツなどのナッツ系フレーバーなど、いろんなお味のアイスが並んでいます。

私たちがチョイスしたのは、「セモリナ(上)」と「フランボワーズ(下)」。
セモリナとは、そう、小麦です!

セモリナは、お味自体はミルクをベースに、ベリー系の果肉がミックスされています。
ただ、セモリナが配合されている分、ふつうのミルク味とは異なって少しもったりとした食感です。ジェラートのような、トルコの伸びるアイスのような、変わった舌触りがおもしろいアイスクリームでした。

フランボワーズは、つみたてのようなフレッシュなベリーの酸味が弾けます。
果実をそのまま丸かじりしているようなジューシーさが、しばらく後を引いて忘れられない味となりました。

ゲルストナー公式サイト





ウィーンには魅力的なカフェがたくさんありました。
次回以降、ホテル・ザッハーやデメルについてもまとめます!


こちらもおすすめです!
【オーストリア】ウィーンを旅して驚いたこと、うれしかったこと
【オーストリア/チェコ】コロナ禍での旅を終えて/チェコでのPCR検査レポートも

おすすめ:

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。