ベルギーのワッフルは「ブリュッセルワッフル」「リエージュワッフル」と、大きく分けて2種類あるのはご存知ですか?
同じワッフルといえど、味わいがぜんぜん違うんです!
2つのワッフルの特徴と、ベルギーの首都ブリュッセルでそれぞれを楽しめるお店をご紹介します。


ブリュッセルワッフル

日本ではまだまだ認知度が低い印象ですが、ベルギーでよく作られているのはこちらのブリュッセル風。
長方形の形をしていることが多いです。

さっくりした軽い口当たりが特徴で、生地自体の甘さは控えめ。
そのため、フルーツやチョコ、クリームなどをトッピングして食べることが多いワッフルです◎

ブリュッセルワッフルにクリームとベリーソースをトッピング


個人的に、ベルギーを訪れた際にぜひ食べていただきたいのがこちらのタイプ。
一見するとボリューミーなので、ひょっとしたらひるんでしまうかもしれません。
ですが、本当に軽いのでぺろりと食べられてしまいます。おかわりしたくなるくらい。

トッピング用のクリームは軽めのものもが多いので、胸焼けの心配もなし!

一口食べた瞬間、ふわしゅわっと生地がほどけます。
はじめはそのまま食べてみて、クリームやソースなどを使用してどんどん味変していくのが好きです。

こちらはヘーゼルナッツとチョコレートソースをトッピングしたもの


ブリュッセルワッフルを食したのはこちら!
店内飲食だけでなく、テイクアウトもできるようです。
あとにご紹介する、リエージュワッフルの取り扱いもありました◎

メゾンダンドワ公式HP



リエージュワッフル

もっちりした厚めの生地で、食べ応え◎。
日本でもおなじみのタイプはこちらです。
マネケンなどで販売されているので、多くの人が口にしたことがあるのではないでしょうか。

ベルギーで食べられるリエージュワッフルは、日本のものよりほんの少しやわらかい印象です。
生地のなかにパールシュガーが練り込まれたものが多く、砂糖のカリカリした食感を楽しめます。
そのあたりは日本で食されているワッフルと似ているかな、と思います!

クリームとピスタチオアイスをトッピング。最高!

ブリュッセルワッフルと比較して、こちらはトッピングなしでシンプルにいただくことが多いもよう。
片手で食べやすいので、食べ歩きにも最適!移動販売車などで売られているのもよく見かけます。

ですが、私はお構いなしにもりもりトッピングでワッフルをいただきます。笑

もりもりリエージュワッフルとブリュッセルの街

時間が経つうちに、ワッフルがクリームやソースの水分を吸って、さらにもっちもちになるのがたまらないんです…!

ちなみに、名前の由来はベルギー南部の街「リエージュ」から。
リエージュワッフルのなかには、少し固めでかりっとした食感が特徴のクッキータイプも存在します。

街中でも頻繁にもりもりリエージュワッフルを見かけます


リエージュワッフルが食べられるのはこちら!
こちらのお店にも、ブリュッセルワッフルの取り扱いがありました◎

オ・ゴーフル・ドゥ・ブリュッセル公式HP



ベルギーワッフルはお土産にもおすすめ

スーパーなどには日持ちのするワッフルも販売されており、お土産用などに購入することができます。
お店でいただく焼きたてにはかないませんが、ベルギーワッフルが恋しくなったときのために、私は旅程最終日によく買いだめしています。

ベルギーの大手スーパー「DELHAIZE(デレーズ)」で購入したワッフルたち

「DELHAIZE(デレーズ)」にはブリュッセルワッフルやリエージュワッフルのほか、先述のクッキータイプのワッフルも販売されていました。
チョコレートがかかったものなど、バリエーションもかなり豊富!

その上、海外ではめずらしく個包装になっているので(ブリュッセルタイプは2個単位での包装)、バラマキ用のお土産にも最適なんです。

メープルシロップをかけていただきました!

日本へ帰国後もベルギーを思い出せるひととき…

ブリュッセルワッフルはお店で食べるものよりもちふわっとした食感ですが、これはこれで美味しい!
私はトースターで軽くあたためてからいただくのが好きです。



ベルギーは本当に美味しい食べ物が多く、胃袋がいくつあっても足りません…!
今回ご紹介したワッフルも、お店によってワッフル自体の味わいが異なるのはもちろんのこと、トッピングのクリームやアイスもとても美味しいので、ぜひいろんなワッフルを試してみてください。

こちらもおすすめです!
【ベルギー】ヨーロッパ最古のアーケードでブリュッセルのとっておきを満喫
【ベルギー】上手なお土産の買い方

おすすめ:

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。